美容にとっても興味があるあなたのために、美容に関する情報をあつめました。美容には欠かせない情報をシンプルにご紹介します! エステ・美容に興味のあるあなたなら、日々のお肌のお手入れや様々な美容に関する知識など興味はつきませんよね!このサイトでは美容やコスメの話題では欠かせない「ビタミンC誘導体」の情報をお届けします!

ビタミンC誘導体という美容成分をご存知でしょうか。

これはビタミンCを吸収されやすい形に変化させた成分で、様々な肌トラブルと解消してくれる効果があるとして注目を集めています。

ビタミンCそのものは非常に壊れやすい性質があり、直接スキンケアに利用しても角質の内部にちゃんと届けらませんので、化粧品に配合してもあまり有効ではありません。
誘導体という形に変形させることで角質層の奥深くまで浸透し、美容成分としての力を発揮できるようになっているのです。

ビタミンC誘導体の主な効果は、美白作用、ニキビの予防と改善、肌荒れ予防など多岐に渡り、これひとつでお肌をトータルケアできるという優れものでもあります。
この有用性が活かされ様々なメーカーの化粧水や美容液に配合されており、私達にとってたいへん身近な美容成分となっています。

そんなビタミンC誘導体の美容効果の中でも特筆すべき点が美白作用についてです。
ビタミンC誘導体には、メラニン色素の生成を抑制し、また排出を促すという二つの作用を兼ね備えています。

メラニンとは肌を黒化させる色素であり、つまり美白の大敵。
美白化粧水などに配合されている美白成分にはいくつかの種類がありますが、大きく二つに分けるとこのメラニンができるのを抑制するタイプのもの、もう一つが生成されたメラニンを排出させるタイプのものです。

大部分の美白成分はこのいずれかに分類されるのですが、ビタミンC誘導体はこの両方の特性を持っているため、予防と改善の両面からの美白ケアを一つの成分で行うことができるという利便性の高さが特徴なのです。

長期的に使用することで少しずつ角質層の内部へと働きかけますので効果の現れ方はゆっくりですが、刺激性もほとんどないため、どのような肌タイプの人でも使いやすく、毎日のスキンケアに取り入れやすい成分となっています。

そしてもう一点注目したいのが、ビタミンC誘導体はニキビに対しても予防、改善二つの効果を発揮するという点です。
ニキビは過剰な皮脂の分泌などが原因となって起こる症状ですが、ビタミンC誘導体には皮脂の分泌をコントロールするという作用があるため、ニキビができにくい環境に整える効果があります。

また高い抗酸化作用を有するため、肌の炎症を鎮める作用もあり、まさにニキビの救世主と言ってもいい成分なのです。
こうした特性からビタミンC誘導体は美白化粧水だけではなくニキビ用の化粧水にも広く使用されています。

>>ビタミンC誘導体化粧のオススメ

効果的な使い方や見分け方

肌のシミ・しわ・たるみなどといった症状が歳を重ねると悩みの種になってしまう女性は多いでしょうが、そういった肌老化に対してであったりニキビ・ニキビ跡・美白ケアとしても効果的だと言われるビタミンC誘導体が注目を集めています。

ビタミンC誘導体についてはビタミンCとの違いがあるのか疑問に感じる方も多いかもしれませんが、この成分はビタミンCよりも肌に浸透しやすいように改良された成分であり、肌に浸透するとシミの原因であるメラニン色素の生成を抑制したり、すでに肌の表面上に現れてしまっているシミやそばかすなどの改善も見込める成分ですし、美白効果もあると言われているので高いアンチエイジング効果が期待できる成分です。

またビタミンC誘導体にはコラーゲンの生成を促進したり炎症を鎮める作用、皮脂の分泌を抑える作用などもあるのでニキビやニキビ跡の緩和・改善が見込めるのです。
そんなビタミンC誘導体が配合された化粧水などの化粧品を選ぶ時の見分け方についてですが、ビタミンC誘導体は水溶性・油溶性の2種類がありそれぞれ水溶性のものは化粧水に、油溶性のものはクリームにといった形で使われています。

美肌効果について

ただそれらの性質を2種類とも持っている事から最近大きな注目を集めている「APPS」と呼ばれる成分があるのです。
APPSには通常のビタミンC誘導体の100倍近い浸透力を持っていると言われていますから、ビタミンC誘導体が配合された化粧品から高い効果が望める化粧品の見分け方としてはAPPSが配合された化粧水などを選べば間違えないでしょう。

またAPPS配合の化粧水に関しては高濃度であればより一層効果的というわけではなく、高濃度であれば高濃度であるほどAPPSを安定させるための防腐処置>が行われていたりしますし、>皮脂の分泌を抑える作用もあるので肌の乾燥を招きやすいですから、乾燥肌の方や敏感肌の方は濃度を抑えたAPPS配合化粧水を選ぶようにした方が良いでしょう。

このようにして自分に適したAPPS配合化粧水の見分け方ができれば次は使い方についてですが、APPSは安定しにくい成分なので1か月使い切りタイプなどが多いですから、決められた期間内に使い切るようにしましょう。

また使い方として正しいのはその後使う化粧水や乳液などの浸透させるために、洗顔と化粧水の間のタイミングで使うのが重要になります。
他にも効果的な使い方として肌トラブルが気になる部分に重ねづけであったり、電流を利用して皮膚に有効成分を浸透させるイオン導入器などを合わせて使用してみると良いかもしれません。

>>ビタミンC誘導体化粧のオススメ

ビタミンC誘導体の注意点

ビタミンC自体はとても壊れやすく、そのまま塗ったとしても皮膚にそれ程浸透するわけではありません。浸透力を高めたものがビタミンC誘導体です。
化粧水や美容液には水溶性のもの、クリームなどに油溶性のタイプの物が配合されていて、現在では多くの製品に含まれているといっても良いでしょう。

ただ、ビタミンC誘導体が含まれていれば何を使っても効果が期待できる、肌トラブルの心配は無いという訳ではありません。
実際には意外なトラブルが起きてしまう可能性もあるので、実際にビタミンC誘導体化粧水などを利用する前にどういう事が起きる可能性があるかを良く理解しておきましょう。

一つは使い続けていくと、人によっては刺激が強すぎて毛穴が開いてしまうという事です。
少々刺激を感じるのは仕方が無い、使っていくうちに肌も慣れていくだろうといって使い続ける人も中にはいますが、肌に合っていないものを使うのは肌トラブルの原因となってしまうので十分注意しましょう。
せっかく毛穴などのケアの為に使っているというのによりいっそう毛穴が開いてしまったら、それは本末転倒だといえます。

また開いた毛穴は汚れが詰まりやすく、きれいにしておかないと毛穴自体が黒くなってしまったりそこから炎症を起こしてしまう事もあるので十分注意しましょう。
もし毛穴がより開いてきたという風に感じた場合は、肌を良く洗い、別の保湿効果が高いタイプの製品を使ってみると次第に状態が良くなっていく場合も多々あります。

もう一つはひどく乾燥してしまう可能性があるという事です。
化粧水を使って乾燥してしまうというのは意外だと感じる人もいるかもしれませんが、ビタミンC誘導体が入っている場合などはどうしても刺激が強い事もあり、予想以上に肌が乾燥してしまう事も珍しくありません。
またそのまま使い続けると肌がかさかさするだけでなくしわの原因となってしまう場合もあるので十分注意して利用しましょう。
人によっては部分的に乾燥して皮が剥けたりする場合もあります。

ビタミンC誘導体配合の化粧水などは肌トラブルに効果を発揮するという風に良く知られていて、それによってトラブルを起こしてしまう事があるということが意外と知られていません。
ただどれだけ良いといわれている成分であったとしても、その人の体質によって合う・合わないがあるので、実際にビタミンC誘導体が入っている化粧水を利用する場合も、肌に刺激を感じる場合は使用を取りやめましょう。

>>ビタミンC誘導体化粧のオススメ

おすすめの記事