次世代白髪染めはルプルプできまり!

髪に優しい白髪染めとしていま注目のアイテム『ルプルプ』。利尻ヘアカラートリートメントが一世を風靡しましたが次にきた白髪染めはこれです♪

天然由来の成分で髪と頭皮に優しく、Wフコイダンで育毛効果もありキレイに染まる白髪染めなので順調に口コミで広まってきています。

今ならお試し37%オフの1,980円と返金保証で購入をためらう理由はありません^^

ルプルプは自然な仕上がりで経済的!

やはり自然な髪色を作り出したい女性が多いということで、2種類のカラーをご用意しています。一番人気はダークブラウンですが、顔周りを明るく見せたい方にはブラウンがおすすめです。

どちらも自然な色合いなので、白髪染め独特のぺたっとした色ではなく、おしゃれ染めのような派手な色でもなく、まるで自分の元の髪色と同じような仕上がりが実感できると思います♪

そしてチューブタイプならではの特長として、1本で約7~10回分の使用量!使い捨てではないので、保管しておいて繰り返し使えるのがお財布にも優しいですよね。

ルプルプはまるでトリートメント感覚♪

ケープを用意したり、手袋をはめたり、新聞紙を敷き詰めたり・・・白髪染めって一度やるのに準備が面倒ですよね。でもルプルプならそんな面倒な準備は不要です!

低刺激のものですので、素手で触っても大丈夫なんです。ご自分の髪にトリートメントをする感覚でなじませていくのであっという間にムラなく自然な仕上がりが完成します^^

そしてなんといっても仕上がり手触りが驚くほどしっとり♪従来の白髪染めではごわつきがあったり、広がりやすいパサついた手触りに納得いかない方も多かったはず。

微アルカリ性なので、髪を傷めずムラなくきれいに染められるんですよ。天然染料なので、手についてもすぐに落ちるので安心ですね。

ルプルプが髪を傷めないのは、ある秘密が!?

トリートメント効果でしっとり染まる成分として注目したいのが、ガゴメ昆布「フコイダン」。
毛髪と頭皮にとても優しい植物由来の天然染料であるベニバナやクチナシ、藍の葉・茎なども使用しています。

これらの成分が、ダメージを与えず美しく染め上げ、お肌の弱い方も安心してお使いいただけます。

天然由来成分だけで作られたルプルプだからとっても低刺激で、
パサパサ、ゴワゴワとせずに髪をキレイに染められるんです♪

ルプルプは染まらない?

ルプルプルプルプを初めて使われる方は染まりにくいので、最初は3日連続で使用するとキレイに染まります。
わたしが初めてルプルプを使ったときは、あまり染まりませんでした。

1回目は、シャンプー後の髪にルプルプをつけて10分ほどしてから洗い流したのですが、ほとんど変化はなく染まりませんでした。
2回目は、たっぷりつけることと時間を長くするということに気を付けました。1回目は少ししか量を使わなかったので、たっぷりと付けました。2回目の時間は20分ほど。それから洗い流したところ、半分以上の白髪が染まっていました。
3回目は乾いた髪にたっぷりとルプルプをつけて、サランラップを頭に巻いて30分後に洗い流しました。3回目で白髪が気にならなくなるほど染まりました。それからは、ほとんど白髪が気にならなくなりました。そのあとは1週間に1度から2度ぐらいの間隔で使っています。

わたしの使い方が悪いので、染まり方が弱かったのがあるとは思います。もっと染まりやすい白髪染めがあるのでしょうが、髪を傷めたり地肌を傷めるのが怖いので、キツイ白髪染めを使う気にはなりません。
イマージュのルプルプは髪を傷めたくない方には特におすすめです。

【おすすめの染め方】
乾いた髪にルプルプをつけて、シャワーキャップかラップで髪全体をぴったり包み込むとカラーの定着が良くなります。
30分置いたあと、すすぎ湯に色がでなくなるまで、ていねいにすすぎます。そのあとシャンプー&トリートメントをおこないます。

初めての方は、この染め方で3日間連続で使用してください。ルプルプはダメージ0の白髪染めですので連続使用しても大丈夫です。
色が定着したら、そのあとは、1週間に1度か2度の使用でOKです。
ルプルプを手にとるときは、手をぬらしてください。乾いた手だと、おちにくくなります。

ルプルプの染まり具合や安全性の秘密は高いph値!

ルプルプのPH値は微アルカリ性です。

一般的に売られている市販の白髪染めは、PH値は11~13です。アルカリ性に近く染まり具合はとても良いのですが、髪を傷めてしまいます。髪は弱アルカリ性に近くなっていますから、ルプルプは髪に近いPH値ということになります。

美容院や市販の白髪染めのようなアルカリ性では、髪のキューティクルが痛んでしまう可能性が高いのです。

そして、ルプルプの染まり具合の方ですが

美容院や市販の白髪染めは11~13くらいのPH値で、アルカリ性となっています。染まりやすいのが特徴的なのですが、髪にダメージを与えやすくどんどん髪が痩せてきてしまいます。

逆に酸性に近ければ痛みは少ないのですが、色は入り難いのです。ルプルプは酸性でもなく、微アルカリ性のPH8だから髪を痛めず、更に染まりやすく、色が落ち難いという丁度良いph値の高さに抑えられてます♪

ルプルプの白髪染めの購入を迷っている方に朗報!

ルプルプは天然由来成分で髪の毛・頭皮に優しくキレイに染まり、Wフコイダンの効果で育毛効果もあるので現在勢いよく口コミで広まっていますが、初めて使う方に購入し易いように全額返金保証が付いています。

たった1,980円でルプルプの白髪染めが家に届くわけです♪
購入をためらう理由がないので安心してお試しできますよね♪

ルプルプの口コミ

口コミ:40代女性(千葉県)
数年前から白髪が増え、抜け毛と薄毛に悩みました。
その頃から、弱酸性のシャンプーを使いだし、ヘアパックなどもして頭皮のケアに気を使いました。
抜け毛はだんだんと少なくなってはきたのですが、白髪は増え続けています。
でも刺激の強いカラー剤を使うのは怖いくて使えません。低刺激のルプルプなら私にも使えるのでうれしいです。

口コミ:40代女性(秋田県)
今まではヘアカラーの成分を気にしながら選んでいました。でもルプルプは、無添加・無香料なので気に入っています。
わたしの髪は黒くて、白髪とのコントラストがきつかったのですが、ルプルプを使うようになってからよくなじんで、ツヤも出てきました。
無添加なので、こまめに使えます。

口コミ:40代女性(山梨県)
今までいろんな白髪染めを試してきました。ルプルプは1度で染まるし、潤い感が高くて気に入りました。白髪染め特有のツンとする臭いもなく、アロマの香りもいいです。
これなら続けられそうです。

口コミ:40代女性(山梨県)
1回でしっかりとは染まらない。生え際などは染まり難いです。しかし、何回か使っていくうちに白髪が目立たなくなってくる感じですね。定期的に使っているので、ある時白髪が生え際に!と言う事が無くて良いと思います。髪には優しい感じだし、何度か使っていると染まり具合も良くなっている気がします。最初は少し時間を長めに置いたほうが良いと思います。

口コミ:40代女性(山梨県)
無添加だからか持続性はあまり無いです。2週間に1度くらいは使っています。市販の白髪染めより使い方が簡単なので、それ程面倒ではありません。シリコン剤が入ったシャンプーより、無添加のシャンプーを使ったほうが染まりは良いですよ。髪が太い友人は色が入り難いって言っていました。髪質によっても色の入り方は違うのだと思います。

アレルギー体質でも大丈夫?ルプルプの成分

ルプルプといえば、ガゴメ昆布に含まれる「フコイダン」です。
ガゴメ昆布やフコイダンについては別のページで紹介してます。

その他に植物由来の天然染料の、紅花・クチナシ・藍の葉・茎などが使用されています。
無香料・無鉱物油・動物性原料不使用・低アルコール・アレルギーパッチテスト済で、
髪にダメージを与えずお肌の弱い方も満足してお使いいただけます。

フコイダンには抗アレルギー作用があると報告されています。

とわいえ人それぞれ合う合わないがあるし、私はアレルギー体質の敏感肌で、
肌につけるものは必ず自分でパッチテストをしています。

パッチテストの方法

少量、二の腕の内側に塗り48時間放置して、30分後と48時間後の2回観察して、
異常がなけらば使用します。※塗った部分は塗らさないように、なので入浴後がベスト!

反応する商品は、塗って30分もしないで赤くなったりかゆくなるのでダメ使えないと、
すぐ判断できます。

ルプルプは、反応がでなかったので安心して使えました。

ガゴメ昆布とは?

普段、昆布を食べている方も多いでしょうが、昆布にも様々な種類があります。
たとえば、ガゴメ昆布というのもその一つですが、ガゴメ昆布とは、北海道函館の近海でだけ採れる昆布なのです。

ガゴメ昆布の特徴としては、粘り気が普通の昆布に比べて、非常に強いという事が挙げられます。なんと、1メートル以上も伸びるようですから、そこまでの粘り気のある昆布を見たことがある方は少ないでしょう。

ガゴメ昆布は、表面に凹凸があり、非常に貴重な品種であると言われています。
北海道では、多くの昆布が採れますが、その中でもわずか数%しか採取されないようですから、どれだけ貴重かお分かり頂けると思います。昆布には、フコイダンが含まれていますが、健康にも効果的だと言われるフコイダンが豊富に含まれているというのも、ガゴメ昆布の特徴です。

昆布自体は、健康に良いと言われている食品なのにも関わらず、一般的な昆布以上に、健康に繋がる成分が含まれているというのは、魅力的でしょう。

そんなガゴメ昆布ですから、北海道地方では、そのまま食用として食べられており、ガゴメ昆布の人気が高いことから、インターネット通販などでも購入することが出来ます。また、そんな貴重なガゴメ昆布を、贅沢に利用した商品もあります。

たとえば、ルプルプという白髪染め商品もその一つですが、だからこそ効果が高いと言えるのではないでしょうか。

こういった特徴のある昆布ですから、気になる方は探してみてください。

ガゴメ昆布の効果効能

ガゴメ昆布は、健康にも良いと言われており、食用としても利用されていますが、具体的にどのような効果効能があるのでしょうか。

ガゴメ昆布の効果効能としては、高血圧や動脈硬化、糖尿病といった病気を予防することが出来るという事が挙げられます。ガゴメ昆布には、アルギン酸というものが含まれており、体内の塩分を排出するという役割があるのです。塩分を過剰摂取してしまうと、様々な病気に繋がってしまいますが、そんな塩分を排出する効果があることから、こういった病気の予防に繋がるのです。また、アミノ酸も豊富に含まれていますし、食物繊維が含まれていることにより、血圧を下げたり、コレステロールが体内に吸収されるのを防いだりする効果もあります。そんな効果のあるガゴメ昆布ですが、食用の他に、白髪染めの成分として配合されることもあります。そういった時には、どういった効果をもたらすのでしょうか。

ガゴメ昆布には、ミネラル分が多く含まれています。そのため、新陳代謝を活発にするという働きがありますので、美容にも効果的です。食用として摂取する際には、美肌効果をもたらしますし、たとえば白髪染めのような商品に使われる場合は、髪の毛を美しくするという効果もあります。白髪染めというと、髪の毛が痛みがちなイメージがあると思いますが、きちんと髪の毛は染めつつ、美しい髪をキープすることが出来るというのが、ガゴメ昆布の特徴だと言えるでしょう。

フコイダンとWフコイダン

昆布は、ネバネバしているものですが、このネバネバの元となっているのが、フコイダンという成分です。フコイダンは、健康に効果的だという話は有名ですが、ガゴメ昆布にも、フコイダンは豊富に含まれています。フコイダンは、保湿力にも優れていると言われているため、髪の毛にも向いている成分ですが、そんなフコイダンに注目して作られているのが、ルプルプという白髪染めです。

また、単なるフコイダンではなく、Wフコイダンというものもありますが、これはイマージュとタカラバイオという所が開発した、新しい成分なのです。高分子化したフコイダンと低分子化フコイダンを組み合わせる事によって生まれたのがWフコイダンです。高分子化したフコイダンは、お肌の表面に潤いを保持する効果があり、低分子化したフコイダンは、毛穴の奥まで浸透して、しっかりと髪の毛自体に潤いを与えてくれます。こういった保湿効果があるからこそ、白髪染めをした後でも潤いが残り、しっとりとツヤのある髪の毛になるという特徴があります。他には無い独自成分を配合しているルプルプですから、白髪染めとしても人気が高い事でしょう。

もちろん、フコイダンだけでも保湿効果に優れていますが、更に髪の毛への事を考えて作られているのが、ルプルプという白髪染めだと言えるでしょう。年齢を重ねると、髪の毛に元気がなくなってしまうと感じる方も多いようですが、その上白髪染めをすると、更に髪の毛はダメージを受けてしまいますよね。だからこそ、できるのであれば、こういった髪の毛に優しい成分が含まれているものを使用したいものです。

ルプルプのその他の成分

水、水添ナタネ油アルコール、ミリスチルアルコール、BG、グリセリン、ソルビトール、尿素、ステアリルトリモニウムブロミド、ガゴメエキス、ベニバナ赤、クチナシ果実エキス、アイ葉/茎エキス、ヒアルロン酸Na、ポリ-γ-グルタミン酸Na、システイン/オリゴメリックプロアントシアニジン、キトサン、グリシン、ラベンダー油、ローズマリー油、オレンジ油、ステアラミドプロピルジメチルアミン、結晶セルロース、炭酸水素アンモニウム、乳酸、オクトキシグリセリン、パルミチン酸エチルヘキシル、イソステアリン酸オクチルドデシル、水添ロジン酸ペンタエリスリチル、イソプロパノール、PVP、ヒドロキシエチルセルロース、アルギン酸Na、4-ヒドロキシプロピルアミノ-3-ニトロフェノール、塩基性青99、HC青2、HC黄2、HC黄4、セテアリルグルコシド、ステアリン酸グリセリル、エタノール

おすすめの記事