お肌の乾燥肌対策

肌の保湿成分や皮脂分泌量の減少によって、肌は乾燥しやすくなります。40代からの乾燥肌の原因とその対策についてまとめています。

乾燥肌が引き起こされる原因~40代編~

肌は、角質層の中で水分をキープする天然保湿因子(NMF)、セラミドを主成分として、肌の中の水分をとどめる働きのある細胞間脂質、水分の蒸発を防ぐ皮脂膜によってバリア機能が形成されています。

しかし、年齢を重ねるにつれて、天然保湿因子や細胞間脂質、コラーゲン、ヒアルロン酸など、肌にうるおいを与えてくれる成分の量が減っていくため、肌は乾燥しやすくなります。

また、皮脂膜を形成するために必要な皮脂の分泌量は、20代から徐々に減り始め、30代になると急激に減少します。

さらに、40代になると、20代の頃と比べて、ターンオーバーの周期が長くなるため、古い角質が剥がれ落ちにくくなって角質層が厚くなり、肌がごわついたりカサついたりして、肌の乾燥を悪化させてしまいます。

こうして肌が乾燥していくと、肌のバリア機能も低下して、さまざまなトラブルが起こりやすくなります。

40代・乾燥肌を改善するためのスキンケア

40代の乾燥肌のためのスキンケアとしては、まず、保湿をしっかりすること。保湿効果の高い成分が配合されたスキンケア化粧品を、用量を守って使いましょう。保湿力の高いものを使っていても、使用量が少ないと十分な効果が得られない場合があります。

血行をよくして、ターンオーバーを促すことも大切です。体を温める食べ物を積極的に摂り、湯船にしっかりつかって血行をよくすることで、ターンオーバーも整います。
間違ったスキンケアも、乾燥肌を増長させてしまいます。

たとえば、クレンジングや洗顔の回数が多かったり、洗顔時に手でこすって洗ったり、化粧水などを肌に浸透させようと、ゴシゴシ押し込んだり、塗りこんだりしている人は要注意です。

洗顔時に熱いお湯を使うことも、余分な皮脂を取ってしまい、乾燥を引き起こす一因となります。

また、スキンケアのし過ぎ、化粧品の使い過ぎも、肌にダメージを与える場合があります。

肌には、自分で回復していく力が備わっていますから、その力を発揮できる、本当に必要なスキンケアをしてあげるだけで十分なのです。

お肌のシミ・くすみ対策

シミやくすみがあると、実際の年齢よりも老けてしまうことがあります。若い頃に蓄積された肌ダメージが現れてくる40代におすすめの、シミやくすみを改善するスキンケアを紹介しています。シミやくすみを消したい人、必見です。

消したいのにできてしまうシミの原因は

肌のシミは、紫外線などにからメラノサイト(色素形成細胞)が刺激を受けることによって生じます。細胞の中の核は紫外線を浴びると、DNAが壊れたり、細胞が死んでしまったりします。それによって皮膚ガンなどが引き起こされる恐れがあるため、メラノサイトはメラニン色素をつくりだし、真皮が紫外線を受けないように防いでいるのです。

このメラニンは、肌のターンオーバーによって排出されていくのですが、過剰につくられてしまうと、排出されずに残ってしまう場合があります。

40代のターンオーバーには、20代の頃の倍の時間がかかるといわれていますから、メラニンが残りやすくなります。

くすみの種類と原因

肌のくすみには、いくつかの種類があり、それぞれ原因が異なります。

「血行不良くすみ」は、身体が冷えて血行が悪くなることによって起こるくすみです。睡眠不足や便秘、喫煙なども、このタイプのくすみの原因となることがあります。

「乾燥くすみ」は、肌のうるおいが不足し、乾燥によって起こります。

紫外線や肌の摩擦によって起こるのが「メラニンくすみ」です。シミの原因と同様、紫外線を浴びることによってメラニンが生成され、過剰につくられたメラニンがターンオーバーで排出しきれずに残ってしまい、くすみになってしまうのです。

「黄くすみ」は糖化によって起こるくすみ。糖化とは、食事などから摂取した余分な糖が、体内のたんぱく質と結びつき、AGEs(糖化生成物)をつくりだします。このAGEsが体内に蓄積されていくことによって、肌の色がくすんできてしまうのです。

シミやくすみを改善するためのスキンケア

シミやくすみは肌の老化現象のひとつですから、できてしまったらとにかく消したいものです。

できてしまったシミへの対策としては、ビタミンC誘導体など、美白効果の高いスキンケア化粧品を使うこと。

また、乾燥すると肌が敏感になり、紫外線の刺激を受けやすくなってしまうので、保湿をしっかりとしてあげることも大切です。保湿効果の高いスキンケア化粧品などで、肌のうるおいを保ちましょう。

シミもくすみも、紫外線による影響が大きいので、UV対策をしっかりして、紫外線を浴びないように注意しましょう。

血行を促進させることも効果的。くすみをすぐに解消したいときには、蒸しタオルで顔を温めて、血行をよくしてあげると、くすみが改善されることがあります。

お肌のシワ・たるみ対策

40代になると、顔のシワやたるみが気になり始めるもの。シワやたるみが起こる原因や、化粧品などによるおすすめのスキンケアについてまとめています。

40代でシワやたるみが起こる原因とは

40代以降、目立つようになってくるシワやたるみは、加齢や紫外線によるダメージなどが原因でコラーゲンやエラスチン、ヒアルロン酸などが減少し、肌の弾力が低下することが大きな原因です。

肌の表皮の下、真皮には、コラーゲンやエラスチンヒアルロン酸などが存在しています。

この、コラーゲン、エラスチン、ヒアルロン酸によって肌の弾力が保たれ、ハリのある肌が維持できるのです。
しかし、コラーゲン、エラスチン、ヒアルロン酸などの成分は、年齢とともに減少してしまいます。すると、肌は弾力を失い、シワやたるみとなってあらわれてしまうのです。

また、顔には、表情をつくるための「表情筋」と、表情筋を支える「深層筋」がありますが、これらの筋力が低下することによって、シワやたるみができてしまうことがあります。

年齢を重ねるうちに新陳代謝が低下し、顔にも皮下脂肪がつきやすくなります。その皮下脂肪が重力によって垂れ下がることで、たるみの原因につながります。

肌のくすみの原因となる糖化ですが、糖化によって肌の弾力が低下し、たるみを引き起こす場合もあります。

シワの治療法とは

化粧品で改善できないシワは、クリニックで治療しましょう。

最もポピュラーなシワ治療としては、ヒアルロン酸やレディエッセなどを注入してしわのくぼみを盛り上げる「注入治療」が挙げられます。また、眉間などにできる表情じわには、筋肉の収縮を抑える「ボトックス」の注入も有効です。

他には、高周波や熱エネルギーの力で肌のたるみを引き締め、シワを改善させる治療もあります。治療機器としては、「タイタン」「サーマクール」等が有名です。

また、皮膚の下に特殊な糸を通して肌を持ち上げるリフトアップ治療も、シワの改善に効果的です。

クリニックのシワ治療については、しわの原因・種類・治療法を解説|美容皮膚科@ポータルに詳しく記載されていますので、参考にしてみてください。

シワやたるみに効く化粧品とは

減少していくコラーゲンやヒアルロン酸を補うために、コラーゲンやヒアルロン酸を配合した化粧品を使うのもおすすめ。コラーゲンの生成をサポートする作用のある成分には、ビタミンC誘導体、ナイアシン、レチノールなどがあります。

肌にハリをもたらしてくれるコラーゲンやエラスチンは、加齢とともにどうしても減っていってしまうものですが、その減少を抑えるためにも、紫外線対策をしっかりしましょう。

表情筋を鍛え、皮下脂肪を抑えるために、口角を上げるエクササイズやリンパマッサージも有効です。

肌の糖化を防ぐため、食事の仕方にも気をつけましょう。はじめに野菜類を食べて血糖値が急激に上がるのを防ぎます。食物繊維は、糖化によって生まれるAGEsを排出しやすくする働きがあり、緑黄色野菜や果物など抗酸化成分を多く含む食べ物は糖化を防ぐ作用が期待できます。

抗酸化力の高いビタミンAやビタミンC、ビタミンEを含む食品を摂ることも、ハリや弾力の低下に有効です。

おすすめの記事